MCR - Micom Car Rally
有志の会記録会 マイコンカーラリーとは? 今から始めるマイコンカーラリー 技術情報 大会記録 MCRファン倶楽部 お問い合せ
マイコンカーラリートップへ マイコンカーラリートップへ
大会記録 >> 2013大会 >> 全国大会 >> 全国大会レポート 4/7
大会記録
2020年大会
2019年大会
2018年大会
2017年大会
2016年大会
2015年大会
2014年大会
2013年大会
大会概要
講習会
地区大会結果
全国大会結果
関連行事
2012年大会
2011年大会
2010年大会
2009年大会
2008年大会
2007年大会
2006年大会
2005年大会
2004年大会
2003年大会
2002年大会
2001年大会
2000年大会
1999年大会
1998年大会
1997年大会
1996年大会
ロボフェスタ2001関西
ロボフェスタ2001神奈川
2013大会全国大会レポート 4/7

Basic Class・予選2回目
写真−クリックすると拡大表示します
群馬県立前橋工業高等学校・富沢 俊太君(左) vs 岡山県立玉野光南高等学校・柏原 希美さん(右)
写真−クリックすると拡大表示します
富沢 俊太君(左)と柏原 希美さん(右)のタイム
写真−クリックすると拡大表示します
速報結果
Basic Classの予選2回目は昼食を挟んで13時にスタート。1回目の完走マシンが記録を更新するか、1回目に記録を残せなかったマシンから新記録が生まれるか、コース内外に期待が走る。

1回目に好成績を残した第1組は2回目では3台が脱輪となったが、完走した五十嵐 翔君は記録を0.11秒更新。1回目に完走できなかったAコース第5組 秋田県立湯沢翔北高等学校の高橋翔太君「あくび」が29.2秒の記録となるなど、完走車は22台、完走率は67%となった。

記録的には1回目ベストの一村さんが記録を残せなかったものの、次々に記録更新がされた。

《主な記録更新》

群馬県立前橋工業高等学校
  冨沢 俊太君「PayDay」(29.30秒→28.45秒)
秋田県立湯沢翔北高等学校
  高橋 翔太君「あくび」(コースアウト→29.20秒)
広島県立広島工業高等学校
  大藤 充貴君「M3A03」(30.01秒→29.20秒)

30.01秒から0.8秒近く記録を伸ばした広島県立広島工業高等学校・大藤 充貴君「M3A03」が29.20秒で2位に入り、二人同タイムとなった。

予選を突破した16台のマシンは決勝トーナメントに向け準備にかかったが、16人のうち4人が女性選手であり、彼女たちの活躍にも期待が集まっていた。

Advanced Class・予選2回目
写真−クリックすると拡大表示します
長野県駒ヶ根工業高等学校・白鳥 昇君(左) vs 山口県立萩商工高等学校・谷永 和大君(右)
写真−クリックすると拡大表示します
和歌山県立紀北工業高等学校・防野 智洋君(左) vs 群馬県立館林商工高等学校・細田 慈君(右)
写真−クリックすると拡大表示します
北海道旭川工業高等学校・岡崎 駿君(左) vs 群馬県立渋川工業高等学校・加邉 龍之介君(右)
予選1回目では九州、四国、東海、北信越、北関東、北海道といった地区の強豪校から17秒を切る記録が残されており、予選2回目でどこまで最高タイムが、完走数がどれだけ伸びるか、強豪校以外の記録が出るかが期待された。

2回目の前半Aコースでは1回目で完走できなかったマシンが4台完走し、同じく4台が記録を更新。長野県駒ヶ根工業高等学校の白鳥昇君が15.99秒と3人目の15秒台を記録した。Bコースでは5台が新たに完走し、同じく9台が記録を更新。熊本県立球磨工業高等学校の恒松弘樹君も15.94秒とさらに伸ばしたが、長野県駒ヶ根工業高等学校の矢澤美貴さんの1回目のベストタイムを超えることはできなかった。

後半Aコースでは1回目で完走できなかったマシンが5台完走し、同じく7台が記録を更新。Bコースでも5台が新たに完走し、同じく9台が記録を更新。最終的にAdvanced classでは81台完走、完走率74%、決勝トーナメントへの出場32枠は強豪6地区が占める結果となった。

予選通過タイムは15秒台を記録した3人がベスト3、以下16秒台に27人がひしめき合い、17秒台での通過は2人となった。

BACK  1   2   3   4   5   6   7  NEXT