MCR - Micom Car Rally
大会 マイコンカーラリーとは? 今から始めるマイコンカーラリー 技術情報 大会記録 MCRファン倶楽部 お問い合せ
マイコンカーラリートップへ マイコンカーラリートップへ
今からはじめるマイコンカーラリー >> 開発環境をインストールしよう
今から始めるマイコンカーラリー
マイコンカーキットを作る前に
マイコンカーキットを作ろう
開発環境をインストールしよう
キットの動作確認をしよう
キットを走らせよう
オプションを取り付けよう
開発環境をインストールしよう

マイコンカーが完成しました。次は、パソコンに開発環境をインストールして、プログラムを作成する環境を整えましょう。

ルネサス統合開発環境のインストール

ルネサス統合開発環境 操作マニュアル(R8C/38A版)を参照しながら、パソコンに開発環境をインストールします。
写真
ルネサスエレクトロニクスのホームページからルネサス統合開発環境をダウンロードする
写真
ルネサス統合開発環境をインストールする

関連ソフトのインストール

ルネサス統合開発環境 操作マニュアル(R8C/38A版)に従って、関連ソフトのインストール、設定を行います。
写真
「ルネサス統合開発環境用その他ソフト」をインストール
写真
「ルネサス統合開発環境 R8C/38A関連プログラム」をインストール

RY-WRITER基板のドライバーもインストールしておきます。このドライバーは、RY-WRITER基板をUSBに接続する前にインストールしておきます。インストールファイルは、「c:\mcr\driver」フォルダにあります。
写真
RY-WRITER基板のドライバーをインストール
写真
パソコンにRY-WRITER基板を接続

ルネサス統合開発環境を使ってみる

ルネサス統合開発環境 操作マニュアル(R8C/38A版)に従って、ルネサス統合開発環境を立ち上げて使ってみましょう。

「スタート→すべてのプログラム→renesas→High-performance Embedded Workshop→High-performance Embedded Workshop」でルネサス統合開発環境を立ち上げます(長いのでショートカットを作っておきましょう)。
マイコンカーとは関係ないプログラムですが、マニュアルに従って「r8c38a_ensyu」のワークスペースを開いて、ルネサス統合開発環境の使い方をマスターしておきましょう!!
写真
ワークスペース「r8c38a_ensyu」を立ち上げる
写真
「ビルド→ビルド」でプログラムをMOTファイルに変換する

RY_R8C38ボードにプログラムを書き込むときは、パソコン、RY_R8C38ボード、RY-WRITER基板を接続し、「ツール→R8C Writer」で書き込みソフトを立ち上げます(R8C Writerが無い場合は、登録作業がされていません。ルネサス統合開発環境 操作マニュアル(R8C/38A版)を参照して、登録してください)。
写真
「ツール→R8C Writer」で書き込みソフトを立ち上げる
写真
「書き込み開始」をクリックしてプログラムを書き込む

ルネサス統合開発環境のインストール、使い方をマスターしたら、次へ進んでマイコンカーの動作確認をしましょう!!